院長紹介

Doctor

院長 武藤 幸貴 (Koki Muto D.D.S)

皆様、初めまして。
この度、幡ヶ谷六号通り商店街で「幡ヶ谷駅前歯科」を開院いたしました
院長の武藤幸貴です。
当院では、それぞれの患者の皆様にあった治療方針や治療方法を十分に 説明し、同意をえた上で「エビデンスに基づいた治療」を行うことが大切だと 考えています。勘に頼った治療ではなく、米国・カリフォルニア大学ロサンゼルス校で学んだ歯科医療の理論に基づき、細部まで妥協しない歯科治療を目指していきます。
地域の皆様に信頼され、ご満足いただける治療を提供できるようにスタッフ一同、一丸となって努めてまいります。
口内でお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

院長経歴

Doctor career


2008年3月
日本大学歯学部卒業
2009年3月
日本大学松戸歯学部臨床研修修了
2009年6月
UCLA(米国カルフォルニア大学ロサンゼルス校) Extension Language Center
2010年9月
UCLA School Of Dentistry Department of Prosthodintics Dentistry Preceptorship program 修了
2011年6月
UCLA School Of Dentistry Department of Restorative  International Postgraduate Trainee Program 修了
2012年8月
日本国内歯科医院にて勤務
2015年12月
臨床研修指導医資格取得

学会

Academy


- Academy of Operative Dentistry
- The International Academy of Gnathology – American Section

UCLA School Of Dentistryで学んだこと

UCLA School Of Dentistryは米国の歯学部ランキングで毎年上位にランキング入りを果たしている名門歯学部です(Top University調べ)。同コースで教鞭をふるうDr.スティーブンソン教授は、審美歯科の世界的権威であり、世界最先端の歯科診療を学ぶことができます。
院長は、2010年に同学校に入学し、Prosthodintics Dentistry PreceptorshipとRestorative International Postgraduate Traineeの二つのプログラムを修了しました。同コースは年間で12名の生徒しか入学することができず、米国国内のみならず世界中から受講者が集まります。プログラムの一環として、実際に米国UCLA Venice Clinicにて診療も経験、アメリカ人の患者さんへの治療も行いました。帰国後も、日本では未だ定着していない、「審美(歯の美しさ)」に焦点を置きながら、グローバルスタンダードな歯科理論で妥協のない治療をみなさまにご提供しています。

Certificate

当院の治療について

Our Treatment

一般歯科

審美歯科

歯周病治療

予防歯科

根管治療

口腔外科

小児・矯正歯科

インプラント

PMTC

歯ぎしり
スポーツ歯科

金属アレルギー

ホワイトニング

トップに戻る